PTパパの株日記

投資から読み解く世界のニュース。株式相場にチャレンジ!

クレイジーな判断×マスクを外す人々×経済後退リスク

クレイジーなニュースを拝見しました。

マスクの着用を義務化しないというニュースです。

「えっ!?…いま!?…なぜっ!?」

 

 

ニューヨーク市の方針】

f:id:torkey:20210720150952p:plain

7月20日ブルームバーグのニュースでは、

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、「新型コロナウイルスのデルタ変異株による感染が急増しているものの、屋内でのマスク着用を再び義務化する考えはない」と述べたとありました。

 

クレイジーです。

 

さらにデブラシオ市長は19日の記者会見で「マスクの有用性について疑いの余地はないが、問題の根本を解決するものではない。必要なのはワクチン接種だ」と述べていました。

では、ニューヨーク市のコロナワクチンの接種率をみていみると、デブラシオ市長は6月までに住民500万人にワクチン接種を完了させることを目標にしていたが、達成できなかった。ワクチン接種を完了したのは450万人にとどまっているとありました。

さらにニューヨーク市は7月17日の時点で、新型コロナ陽性率の7日間平均が1.69%と、前月比で2倍余りとなったと報告しています。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-19/QWI0Y5DWRGG601?srnd=cojp-v2

 

もう一度言います。クレイジーです。

 

確かにマスクはコロナウイルスに対する根本的な解決策ではないですが、蔓延防止策として有効であることは間違いありません。それなのになぜっ!?

 

米国人にとってそれほどまでにマスクは受け入れがたいものなのか?

調べてみました。

 

 

【外国人はマスクが嫌い】

f:id:torkey:20210720145655p:plain

コロナウイルスが蔓延し始めてから、世界の人々はマスクをし始めました。

日本国民はもともとマスクをする習慣があったため、そこまで抵抗感はありませんでした。

しかし諸外国の人々には抵抗感が強かったようですね。

というより外国人はマスクが嫌いです。

外国の人々がマスクを嫌う理由

・口元が蒸れるのが嫌だ

・強盗やギャングを連想する

・コミュニケーション時に感情が読みにくいetc

と調べると理由いろいろありました。

 

 

【日本人と米国人とのコミュニケーションの違い】

f:id:torkey:20210720150127p:plain

調べていて面白いことがわかりました。

私はマスクをしたままでも会話の際に相手の感情を読み取ることができます。

日本人ならば、コミュニケーションの際にマスクが弊害になると思っていない人は少ないのではないでしょうか?

しかし米国人は違います。

米国人は口元の表情で相手の感情を読み取るため、マスクをしていることはコミュニケーションの弊害になるそうです。

https://www.asahi.com/articles/ASN6L7WRLN67UHBI00J.html

 

コミュニケーションで顔のどのパーツを重要視するか?

・日本人は目元

・米国人は口元

感情を表に出す欧米人は口元を、感情を表に出さない日本人は意思で動かしにくい目元を見る方が、相手の真意を読み取りやすいようです。

 

日本では「目は口ほどに物を言う」ということわざがあります。

米国人にはきっと理解されないのでしょうね(笑

 

マスクは公衆衛生面的にも,コロナウイルス蔓延防止の観点からも、現状ではマスクの着用は必要だと私は考えています。しかし米国人にとってマスクは、文化的にも,心理的にも受け入れがたいものであるのは間違いないようです。

 

 

【それでもマスクは必要でしょう!】

f:id:torkey:20210720150910p:plain

マスクはコロナウイルスに対して根本的な解決策にはなりませんが、蔓延防止策としては有効だと思います。根本的な解決をもたらすコロナワクチンは、まだまだ普及するまでには時間がかかると思います。さらに現在はデルタ株という感染力の強いコロナウイルスの変異株が猛威を振るっている状態です。ワクチンが普及するまで、今はマスクで耐え忍ぶしかないと思います。

 

医療従事者の立場からしたら、このままコロナウイルスが猛威を振るえば医療現場は疲弊していき、いつ医療崩壊が起きてもおかしくない状態となります。

もし医療崩壊が起きれば、コロナ疾患以外の助かるはずの命が次々と犠牲なってしまします。そうなることは誰も望んでいないことだと私は思っています。

 

今をどう乗り越えるべきか?

コロナワクチンの普及が遅れている日本でさえ、「今年9月末には希望する国民全員にワクチンが行き届く準備ができている」と政府が発表しているほどです。

あともう少し!あともう少しの辛抱ではないでしょうか!

 

 

【経済活動の鈍化が加速→むしろ後退するリスク】

f:id:torkey:20210720150328p:plain

現在米国主要三指数日本株主要指数下落基調となっています。

今まで米国主要指数は順調に最高値を更新し続けていた反動でしょうか?

相場から楽観的な雰囲気は消え去り、不安な雰囲気が漂ってきました。

VIX指数(恐怖指数)は急上昇し、7月19日に20を突破しました。

 

今までは金融緩和措置やワクチン接種の進展が経済回復の追い風となっていました。しかし、物価上昇圧力とコロナ感染急拡大が重なり、世界的に経済が鈍化している状態です。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-19/QWHRQ9DWRGG801?srnd=cojp-v2

今後さらにコロナ感染が拡大していけば、経済の回復はおろか、むしろ後退してしまうリスクさえあります。今後ニューヨーク市のようなマスクOffの風潮になっていくのか?一段と引き締めとなるのか?なにもしないのか?今後どうしていくのか?どうなっていくかは経過をおってみていきたいと思います。

 

 

【私の方針】

f:id:torkey:20210716013118p:plain

今の米国株も日本株も危なくて手が出せません。

私の持っていた原油株は、支持線の1バレル=71ドルを切ったところで売りました。今は1バレル=66ドルまで下がり下落基調のようです。

 

現在株式相場は下落基調であり、ナイフが落ちている真っ最中です。

今はナイフが地面に落ち切ったところを見定め、拾える準備をしたいと思います。