PTパパの株日記

投資から読み解く世界のニュース。株式相場にチャレンジ!

ワクワクの4時起き~投資に夢中な30代のおこちゃま~

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

 

投資と出会えたことに感謝しています。

「記憶に残っている、あの日」ということで、ひよっこ投資家が、投資家への第一歩を踏み出した日について綴っていきたいと思います。

 

 

【投資との出会い】

f:id:torkey:20210718010911p:plain

株式投資を始めよう!」

そう思って株式相場にチャレンジし始めた日のことをよく覚えています。

軍資金10万円で個別株に投資をした日のことです。

わずかな知識と大きな好奇心で心躍らせながら、「目指せ10倍株!」と意気込み、初めて個別株に投資をしました。次の日の朝は4時に起きて米国株の動向をチェックし、早く日本の株式相場が開かないかなとワクワクしながら株式投資についての勉強をしていました。

 

30代。ワクワクして目を覚まし、落ち着かないから株式投資のお勉強。

子供の頃から楽しみなイベントの日は早起きしていましたが、30代になっても人の根本は変わらないものだなと実感しました。

 

私の株式投資に対してのスタンスは「稼ぐ!」というよりは老後の趣味を作るというスタンスで臨んでいます。嫁からは「投資はギャンブル。そんなことに家計のお金は出せません!」ときっぱり断られています。そのため私はお小遣いから捻出した10万円で「株式の世界を知りたい!」という思いで株式投資を始めました。

長期的な目標としては、家計の一部も投資で運用していける許可が頂けるよう、投資について学び成果を出していきたいと考えています!

 

【大げさではありません】

f:id:torkey:20210718212842p:plain

株式投資を始めることで私の人生は大きく変わりました。

大げさではありません!

株式投資を行うことで、毎日ニュースをチェックするようになり、世の中が今どうなっているのか?を考えるようになりました。個別株投資ならば企業の業績を読み取れるよう学び,投資するタイミングを見計らい予測するためにチャート分析を学び、投資に対する知識をインプットするようになりました。そして私の考えをまとめてアウトプットし、学習を深める場としてブログを始めました。

 

今までは暇があればケータイゲームをするか漫画を読み、用事が無ければ昼寝をする。そんな休日を過ごしていましたが、投資と出会うことで生活スタイル,休日の過ごし方が一変しました。

 

一つ趣味を増やすことで、こんなにも生活が変わるのだなと30代で実感しました。

 

 

【患者様から学ぶこと】

f:id:torkey:20210718010947p:plain

私は病院でリハビリを提供している回復期の理学療法士です。

ケガや病気で動けなくなってしまった患者様と共に、自宅退院を目指してリハビリを行っています。

私がリハビリを行う患者様は高齢な方が多いですが、時折自宅に帰ることに対して前向きでなく、積極的にリハビリが行えない患者様がいます。そういった方のほとんどは、自宅に帰った後の目的が無いことが多いです。つまり「自宅に帰ってやりたいと思える趣味や生き甲斐がない!」ということです。

そういった方に病前の生活を尋ねると「寝る→食事→テレビ→食事→寝る」というサイクルで動いている方が多い印象です。

逆に自宅に帰りたいと強く願い、リハビリに積極的に取り組んでくれる方は目的がはっきりしている方が多いです。そういった方は目の奥に強いものを感じますし、表情も豊かな印象です。

 

人生100年時代。定年退職をしてからまだまだ長いセカンドライフが待っています。

自分はどんな生き方をしたいか?死ぬ時はどんな表情でいたいか?

理学療法士として患者様と接していると、目標にすべき素敵な80歳もいれば、80歳になったらあなたはどうなりたいか?を自分自身に問いかけるきっかけをくれる方もいるので、人生の先輩方から学ぶことは多いです。

 

 

【私の趣味を見つける条件】

f:id:torkey:20210718011010p:plain

素敵な80歳に私はなる!

そのためには老後も長く続けられる趣味を作ること,生き甲斐を見つけることが必須だと思いました。そのために必要なことは自問自答です。

老後まで続けられる趣味を見つけるための私が考える条件は3つです。

・1人で行える。

・心から楽しめる。

・お金がかからない。

これらすべてが満たされているのが株式投資でした。

1人で行える趣味

2人以上で行う趣味では相手の都合によって行えないことがあります。趣味の一つとして行うのは良いのですが、メインの趣味としては2人以上では不向きだと思います。1人で好きな時に好きな分だけ行えることが、無理なく続けていくための条件だと思います。

心から楽しめる趣味

また心から楽しめないと長続きはしません。私は数日間、自問自答しました。そしてたどり着いた答えは「私はお金が好き!」ということでした。子供の頃はお小遣いをもらったら100円に変え、貯金箱に貯金していくことが好きでした。貯金箱がだんだん重くなっていくことへの満足感、100円が入らないくらいぎっしりつめた後に取り出した時の達成感は今でも覚えています。コツコツとお金を貯めることが私の好きなことなのです。

お金がかからない趣味

「投資はギャンブル」と考えている人は多いのではないでしょうか。投資を学ぶ前の私はそう思っていましたし、私の嫁は投資をギャンブルだと思っています。

私が投資を学んでわかったことは、投資はギャンブルではありません。

投資とは資産を運用することです。つまり貯金に近いと私は考えています。

嫁が日本銀行に貯金しているという行為は、日本円に投資していることと同意だと考えています。日本円は変動が少なく安全資産と言われているため麻痺していますが、日本円はノーリスク,ノーリターンの投資商品という認識が私は正しいと考えています。

投資はお金が減るリスクがありますが、しっかり運用すれば資産を増やしてくれる素晴らしい趣味になると私は思っています。

 

そのため1人で出来て、お金をコツコツ貯めることが好きな私が選んだ趣味は「投資」ということになりました。

 

 

【第一歩を踏み出した日】

f:id:torkey:20210718011135p:plain

患者様から趣味や生き甲斐の重要性を学び、投資に出会うことで人生が一変しました。

最初に投資を学んだ時は専門用語が多く、投資に関する記事やYou tubeをみても何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。新しいことにチャレンジする時は、始めはそれなりに労力が必要になるものです。理学療法を学ぶ際も骨や筋肉,神経回路等、始めて学ぶことが多く度々頭がパンクしていました。ですがそれでもくじけないで学び続け、患者様に喜んで頂けるリハビリを提供できるようになると「これが私の天職かもしれない」と思えるようになりました。投資も同じだと思います。始めはわからないことだらけでしたが「最初の困難を乗り越えて自分の判断で選んだ銘柄に投資をする!」。

その第一歩を踏み出せた日は、理学療法を学ぶことで得られた経験を活かすことができた日であり、自分が成長したと実感できた日となりました。