PTパパの株日記

投資から読み解く世界のニュース。株式相場にチャレンジ!

米雇用統計の中身×テーパリング遠ざかる×ハイテク株と金株が来る

f:id:torkey:20210704062159p:plain

7月2日に米雇用統計が発表されました。

発表された直後から米長期金利の指標である10年国債利回りは低下し、米ドル指数も低下しています。

備考

金利と貨幣の価値は正の相関

 

長期金利,ドル指数が低下している要因としては、米雇用統計の結果を受けてテーパリングが遠ざかり、株式相場に安心感が漂ってきているためだと考えています。

 

 

 

【米株式市場上昇】

米雇用統計が発表された7月2日の米主要3指数はすべて上昇しました。

特にS&P500NASDAQ最高値を更新し続けています。

その背景としては長期金利の低下による株価上昇。そして投資家心理として経済が活性化している一方で、テーパリング(金融緩和引き締め)はまだ先の話になるだろうという安心感が伺えます。

備考

・株価と金利は逆の相関

 

 

【米雇用統計の中身】

f:id:torkey:20210622171104p:plain

米雇用者数85万人増と10か月ぶりの大幅増となりました。雇用が回復することでサプライチェーンボトルネックが解消され、現在進行しているインフレが抑制されていくことが予測されます。またさらなる経済の活性が期待できます。

しかし失業率5.9%と前回よりも若干の増加となりました。

 

つまり今回の米雇用統計の結果から、インフレが強まる恐怖は少なく、かつ失業率の上昇により、早期のテーパリング懸念が薄らいだ形となりました。

そのため株式相場に安心感が漂い、株価は上昇長期金利は低下しているのだと思います。

 

 

【米雇用統計の今後の着目点】

f:id:torkey:20210704062420p:plain

・米雇用者数はコロナ禍前の水準をなお676万人下回っており、労働市場の完全回復には程遠い状態です。今後の雇用増加に期待したいですね。

・労働参加率は61.6%で前回の60.9%より改善はしているものの、その中身として製造業の雇用者数が予想よりだいぶ下回っています。サプライチェーンボトルネック改善もまだまだ十分ではないということでしょう。

https://fx.minkabu.jp/news/189957

働く女性の数は7140万人相当と、前月から約13万人減少しています。女性が家庭の事情で仕事から永久に離れてしまったのか、それとも学校やその他のサービスが再開されるまで一時的に待機しているだけなのか、どちらの理由で労働に参加していないのか?は現状ではまだわかりません。今後の労働参加率の上昇に期待したいですね。

https://news.infoseek.co.jp/article/02reutersJAPAN_KCN2E827K/

 

 

【短期的な戦場】

f:id:torkey:20210704062438p:plain

米ドル指数の低下金利追い風の市場であれば、短期的に利益を求めていきやすい戦場だと思います。

特にハイテク株金株に私は着目しています。

備考

金利とハイテク株は逆の相関

・ドルの価値と金は逆の相関

 

ハイテク株

私の場合、米国ナスダックのETFは1か月程前から購入済みなのでホールドし続けようと思います。また日本のマザーズETF、特に最近ではマザーズの中でも時価総額の大きな株の上昇が目立つので、マザーズコアのETFを購入しようと考えています。

私の好きな半導体株は今回の米雇用統計前にすべて売り払って、押し目を買い戻そうと考えていましたが…売った次の日に大きな下落がありました。ここ最近の日本の半導体株は下落トレンドに切り替わっているのでしょうか?米SOX指数が上昇しているのに日本の半導体株は下落し、米SOX指数が下落した際は日本の半導体株は大きく下落しました。私の好きなレーザーテックは7月2日に5.6%も下落しました。最近の半導体株は突然大幅な下落が起こるため利確のタイミングが難しいですね。

備考

日本の半導体株は、米SOX半導体指数)の株価が先行して動いていることが多い。

 

金株・白金株

私の場合、少し前に白金株は購入していました。購入理由はドルの急騰と金・白金株の大暴落が起きた後で下落が落ち着き、MACDが上昇傾向。金株より白金株の方がボラティリティーが高い印象だったため、短期投資目的で金株より白金株を選び購入しました。そこに今回の米雇用統計により米ドル指数が下落したことで金・白金株価格の上昇がさらに期待できるようになりました。白金株はホールドで経過を見ていきたいと思います。

 

※投資は自己責任,自己判断にてお願いいたします。

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村