PTパパの株日記

10万円から始める株修行  株式相場にチャレンジ

半導体銘柄×下落の要因×私の考察

f:id:torkey:20210609124832p:plain

半導体銘柄の暴落が止まりません❗

私が好きなレーザーテック(6920)は6月7日以降大暴落。

また私が最近買った半導体銘柄のローツェ(6323),以前買ったアドバンテスト(6857)も下落しています。

胃がキリキリしますね😥

なぜ半導体銘柄にとってDoodなニュースが続いているのに下落しているのか?

 

私が考察するに、不安定な株式相場を嫌う投資家心理として、一部投資家の売り抜けから連鎖的な下落が起こっているのではないかと考えています🤔

 

 

半導体銘柄の暴落】

6月4日に米雇用統計が発表されSOX指数(半導体指数)は+2.39%の上昇したことで、まだまだ半導体銘柄の上昇が続くものと考えていました。しかし日本の半導体銘柄は6月7日の市場開始時から急上昇し、私一人エキサイトしていましたが…徐々に株価は下がっていきました。

胃がキリキリしましたね🤣

私が購入した半導体銘柄のローツェは6月7日に陰のつつみキャンドルとなりました。

最高値での陰のつつみキャンドル

 

f:id:torkey:20210609124201p:plain

画像:アプリiSPEEDより



チャートとしては最悪❗❗❗❗❗❗

 

案の定6月8日も下落し株価は1万円を切ってしまいました。

さすがにやばいと思ったのですぐに売り抜けてしまいましたが…

ここまで予想が外れると悲しくなりますね😂💦💦💦

 

まだまだ情報収集や株式相場の読み合いができていない証拠です。

これからも頑張ります。

 

半導体銘柄に関する最近のトピック】

・米国の経済指標から、まだ金融緩和政策は継続:ハイテク銘柄には追い風

・WSTSからも半導体分野の今後の展望は明るい(下記記載)

・私が購入したローツェは最高値を更新し、米国SOX指数も上昇をみせていた

世の中の情勢的にも、チャート的にも短期的に下落する悪い要素はなかったように思えますが…何が要因か?

 

【世界半導体市場統計:WSTS】

f:id:torkey:20210601124839p:plain

2021年6月8日発表のWSTSから一部抜粋

2021年は前年比+19.7%と成長が大幅に加速するものと予測した。世界経済活動は緩やかながら正常化に向かっていることに加え、2020年に半導体市場を牽引した要因の多くが継続していることから2018年以来の二桁成長を見込んだ。2022年は前年比+8.8%と成長が継続するものと予測した。

足下の非常に強い半導体需要が急速に弱まる要因が見つけ難かったとみられ、2022年は特に反動減が意識されなかったものと思われる。

https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/wsts/docs/20210608WSTS.pdf

 

WSTSの発表からも2022年まで半導体は伸びていくと予測される銘柄です。

長期的にはGoodな情報であると思われますが、なぜ短期的に下落しているのか?

正直、謎です。

 

 

半導体銘柄が短期的に下落していることに対する考察】

f:id:torkey:20210601124947p:plain

下落している結果に対して理由をつけるならば、投資家心理として不安定な相場を嫌っているからではないかと推測します。

半導体銘柄はボラティリティー(価格の変動性)の高い分野です。

景気が低迷している時に投資されて株価が上昇しやすく、景気の回復に合わせて売られやすくなります。現状の経済ニュースとして、いつ経済指標の改善がみられ金利が上昇するかわからない状況です。今回の米雇用統計は半導体銘柄にはGoodなニュースでしたが、投資家心理としては「いつ下落するかわからない半導体銘柄なら、現状ある程度利益も出たし、今のうちに売り抜けてしまおう👌」と考えている人が多いのではないか?と思います。さらに株価の下落によって不安をあおられた投資家も売りに転じたため、連鎖的に株価が下落しているのではないかと私は推測しています。

 

 

【私の今後の対応】

短期的には半導体銘柄のポジションを縮小し、長期的にみればまだまだ伸びる分野のため、下落してから再度購入を検討しています。

「落ちてくるナイフは拾わない!」

ケガをしないよう見極めなければ!

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村