PTパパの株日記

投資から読み解く世界のニュース。株式相場にチャレンジ!

6月4日の株価×金融緩和継続×半導体関連株

f:id:torkey:20210622090840p:plain

 

【6月4日の株価】

日経225:前日比-0.40%

ここ最近は変わらずの小幅動きですね。6月4日の米雇用統計の結果待ちというスタンスが伺えます。米雇用統計の結果次第では長期金利の上昇が懸念されていたため、割高感のあるハイテク銘柄は軟調になっていたようです。

 

おもしろいことに私の好きな半導体銘柄(ハイテク銘柄)では、株価の変動がまちまちでした。

・私の保有しているアドバンテスト(6857)は前日比+0.49

東京エレクトロン(8035)は前日比-1.60

・レーザーテック(6920)は前日比+0.91

東京エレクトロンは調整局面を抜け出せないようですね。

 

東証マザーズ:前日比-1.90%

反落していますね。私の持っているマザーズ株もヒーヒーしています。

週末の下落は少なからず気持ちをどんよりさせるので良くないですね。

なぜ2%近く下落しているのか?

今後のIPOラッシュに向けて換金売りをしているのか?

米雇用統計を懸念してリスクヘッジとして売っているのか?

マザーズ個人投資家の戦場ですからね。

皆さんどう考えて行動しているのかまだまだ読めませんね。

 

【レーザーテック愛】

f:id:torkey:20210601165710p:plain

レーザーテック株式会社ホームページより

レーザーテックに関しては10連騰となり、上場来最高値を更新し続けています。

私の思い入れのある企業なのでとてもうれしく思います。

わたしの資産では少し手が出しにくいところまで株価が上昇してしまったため、陰ながらレーザーテックの株価がさらに上昇していくことを切に願っています。

 

 

【米雇用統計の結果を受けて】

 

f:id:torkey:20210601124839p:plain

6月4日の米雇用統計の結果とFRBパウエル議長の会見も踏まえて、現状での金融緩和政策は維持されていくことが予測されます。そうなるとグロース株やハイテク株には有利な株式相場が継続することが予測されます。

※6月4日に米雇用統計の結果/FRBパウエル議長の発言に対する記事も書かせて頂きましたのでご参照ください。

 

今回の米雇用統計の発表後、6月4日の米株式相場では

・S&P500:前日比+0.88%

・NASDAQ100:前日比+1.78%

SOX指数(半導体):前日比+2.39%

とグロース株やハイテク株の上昇が明らかになっています。次回米雇用統計は7月2日に発表を控えています。それまではまだグロース株やハイテク株への投資を続けても良いかなと考えています。

 

 

半導体関連株:ローツェ(6323)】

 

f:id:torkey:20210606004307p:plain

画像:アプリiSPEEDより

私が今注目している株についてお話します。

半導体関連株のローツェです。

なんといっても6月3日に最高値を更新し乗りに乗っている企業だと思います。

時価総額は1347億円:中型株でグロース株であり、ハイテク株です。

・かぶたんサイトからも去年から今年にかけての売上高/営業益/自己資本比率も良好でファンダメンタル的には優良企業です。

・チャートも素晴らしく、MACDは日足,週足ともに上昇トレンド

 日足MACDがクロスし、MACDとシグナルが両方とも上昇=強い上昇シグナル

 また25日移動平均線(緑色)も平から上向きになってきているため、米金融政策の追い風に乗りさらなる上昇が期待できると思います。

レーザーテックと同じようなチャートの形をしているようにみえます。

 レーザーテックが最高値を更新しているのであれば、ローツェも…と期待してしまいますね。

・私は6月4日に最高値を更新したことを確認し購入しました。米雇用統計とFRBパウエル議長の発言から、今後もまだ低金利政策が継続することを考慮しても、チャンスがあればもう少し買い増していきたいと思っています。

 

※投資は自己判断、自己責任にてお願いいたします。

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村