PTパパの株日記

10万円から始める株修行  株式相場にチャレンジ

日本でワクチンパスポート×ワクチン特典ぞくぞく×マスクはまだまだ外せない

f:id:torkey:20210731071633p:plain

日本株は絶不調!

日本主要4指数

日経225:前日比-1.80%

TOPIX:前日比-1.37%

東証マザーズ指数:-2.63%

JASDAQ:-0.44%

すべてマイナスですべて下落基調で週末を終えました。
日経平均の下落も大きいですが、なんといっても東証マザーズ指数の下落っぷり

日本株ボラティリティーが高すぎて手が出せません(汗

日本株式市場は、出来高は大きくないのにボラティリティーが大きいですね。

まさに夏枯れ相場

 

オリンピックは日本人選手の金メダルラッシュで日々興奮していますが、

株式市場は価格変動の大きさと下落っぷりに日々ハラハラしています。

 

日本の株式市場が下落基調なのは、どのニュースをみてもコロナウイルスが再拡大しているからと書いてあります。

確かに日本ではコロナウイルスによる新規感染者が日々最多を更新しています。

なんと7月29日時点で一日の感染者が1万人/日を超えました。

感染爆発が起きているようです!

感染者が3000人を超えている東京都では、感染者の大半は50歳以下が占めているようです。働き盛りで外出する機会が多く、ワクチンはまだ未接種の人が感染しているということです。そこにオリンピックの熱気に充てられてどんちゃん騒ぎをしている人が感染を広げているということでしょうかね。

 

 

 

【オリンピックへの批判】

f:id:torkey:20210731071835p:plain

ニュースを見ているとオリンピックに対する批判が多く散見されます。しかしオリンピックの選手や関係者はワクチン接種やPCR検査を頻回行っているので、オリンピック会場ならびに選手村は今世界で一番コロナウイルス対策に対して意識が高い場所だと思います。

torkey.hatenablog.com

 

オリンピックが問題というよりも、オリンピックを見てどんちゃん騒ぎをしている危機意識が低い方々の問題が大きいと私は感じています。そういった方々に対して、今回の緊急事態宣言にどれほどの意味があるのか?自粛呼びかけだけで感染は収まるのか?政府は頭を悩ませているでしょうね。

 

そんなことを言いながらも、私だって県外に出て遊びに出かけたいです!

医療従事者だから我慢我慢と言い聞かせながら、県内に閉じこもり1年半になります。

やんちゃな2人の息子を連れて、バス,電車,飛行機に乗って旅行がしたい!

本屋で旅行雑誌を立ち読みしながら、コロナが終息したらどこに行こうかなと日々思いふけっています。

 

そこでたまたま目についたニュースがワクチンパスポートです。

 

 

【日本でワクチンパスポート発行】

f:id:torkey:20210731072042p:plain

皆さん知っていましたか?

7月26日から全国の市区町村でワクチンパスポートが発行できるようになりました!

 

以前ワクチンパスポートを採用しようとする動きがありましたが、日本では当面難しいだろうなと思っていました。

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/57000.html

ワクチンパスポートの採用が難しいと考えられる要因は「格差・差別」です。

ワクチン接種は、日本では改正予防接種法で努力義務とされています。つまり接種するかどうかは個人の自由のため、ワクチン接種をしないことで不利益が生じることは避けなくてはなりません。そういった理由があり日本でのワクチンパスポートの普及は難しいと考えていましたが、世界は待ってくれないようです。世界ではワクチンパスポートを導入していく姿勢のため、今後国をまたぐ移動にはワクチンパスポートが義務化されるかもしれませんね。

 

そしてなんと気づけば、日本でもついにワクチンパスポートが発行可能となっていました。

ワクチンパスポートを所有することで、隔離措置や防疫措置の免除や緩和が受けられるようです。

当面はイタリア、オーストリア、トルコ、ブルガリアポーランドの5か国となりますが、政府は対象となる国を拡大させたいと考えているようです。

(ワクチンパスポートが使用できる国は、最終的には30ヶ国超で使用できる見通しとなっています)

https://www.travel.co.jp/guide/howto/651/

 

 

【ワクチン特典を活用しよう!】

f:id:torkey:20210731072236p:plain

日本でワクチンパスポートが採用された経緯は分かりません。しかしワクチンパスポートが採用されたということは、ワクチン接種の有無で被る不利益=格差,差別の問題はおおむね認められたということですかね。日本政府はワクチン接種を行うことは努力義務だとしても、可能な限りワクチン接種を推進したいと考えていると思います。

7月20日に「新型コロナワクチン接種完了でお得に利用できる特典や割引まとめ」というニュースが出ていました。素晴らしい策略だと思います。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/navita/trend/navita-N000257_id-1506798

 

ワクチン接種を行わない人の中には「ワクチン接種しに行くのがめんどうくさいから行かない」という人は少なからず出てくると思います。そういった危機意識の低い方々に対して、餌を用意するというのはとても良い手段だと思います。

 

日本政府は「9月末までに希望するすべての国民に接種するのに十分な量が確保できる」と発表していますが、ワクチンを確保しても接種率を伸ばすことが今後の課題となると思います。米国ではワクチン接種率が伸び悩んでいるようなので、日本も同じようになるのではないかと思います。

 

 

【マスクを外すためには】

f:id:torkey:20210731072438p:plain

現在日本国民のワクチン2回目接種完了者は2割程度のようです(2021年7月現在)。

東京都医師会の尾崎会長は国民の6~7割ほどが接種できたとしても、マスクを外すことができないとの見解を示しています。

つまり6~7割のワクチン接種率では会食も旅行も制限され、今と変わらない生活が続くということです。なんと残念なことでしょうか(涙

 

今回の緊急事態宣言下でも感染が拡大している現状をみてわかる通り、呼びかけだけでは意識が低い方々の動きを止めることはできません。

日本では抑圧や拘束といった方法をとることは難しいため、ワクチン特典のように餌をぶら下げて自ら動くよう働きかける策略を用意する必要があると思います。

ワクチン特典のような政策をどんどん行うことでワクチン接種率は上がり、経済正常化へ前進できるのではないかと考えています。

 

 

とにかく私はマスクを外して家族と旅行に出かけたい!!!

早くそうなることを願うばかりです。

f:id:torkey:20210731072652p:plain

菅首相を支持します×オリンピックの賛否×選手村はパラレルワールド

f:id:torkey:20210730115724p:plain

東京の新規感染者:3865人!

過去最多を3日連続更新しています。

日本全体では初の1万人越え

こちらも過去最多を更新しました。

 

7月23日東京オリンピックが始まり、緊急事態宣言下に関わらず感染者は増える一方です。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言を埼玉、千葉、神奈川と大阪の4府県に出す方針だそうです。また政府は東京都と沖縄県に発令している緊急事態宣言を8月22日から8月末まで延長するようです(緊急事態宣言は7月12日開始)。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b00f91ae70ebb76fc6eb2d03aa4be39f39c1af8

 

ですが過去を見てみても、コロナウイルスによる1波→2波→3波に移行していくにつれて、緊急事態宣言の延長期間は長くなっているように思います。

今回の4波では緊急事態宣言解除までに何か月を要するのか…先が長そうです。

飲食業界や観光業界は経営困難,医療現場は疲弊しきって崩壊してしまう悪いシナリオしか描けない状況だと思います。

 

 そんな中、菅首相から「オリンピックは中止しません!」というニュースを拝見しました。

皆さんはこの発言に対してどう考えますか?

私は菅首相を支持したいと思っています!

 

 

【現在の東京の新規感染者内訳】

7月27日のニュースによれば、東京都の感染者のうち65歳以上の高齢者の割合は2%台で、30代以下がおよそ7割を占めているとのことだ。40代、50代の入院が増えており、デルタ株の割合も急速に増加しているとのことです。

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/64487.html

 

f:id:torkey:20210730120727p:plain

感染爆発 オーバーシュート

f:id:torkey:20210730120758p:plain

東京新規感染者 年代別内訳

 

東京都福祉保健局より

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/info/monitoring.html

 

感染者が急増している状態で、現在開催されているオリンピックへの批判的な意見が散見されています。そんな中で日本の総理大臣:菅首相はオリンピックを中断しない姿勢を見せています。そのことについて、私の個人的な見解を記載していきたいと思います。

 

【私は菅首相を支持します】

f:id:torkey:20210730121101p:plain

菅首相の「オリンピックを中止しない」という判断に対して、私は賛成しています。

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/64487.html

悪い状況を誰かのせいにする時は、決まってトップ(リーダー)が責められるもです。コロナウイルスによる感染拡大はオリンピック開催地の東京だけでなく、米国等ほかの国でもみられている現象です。そのためオリンピック開催=感染拡大ではないと私は考えています(もちろん少なからず影響はあると思います)。

 

現状の感染者が増加している責任は菅首相にあるのか?

私は正直、安倍前首相が退任してからだれが総理大臣になっても、現状とさほど変わらないと思っています。むしろこのパンデミックの最悪な時期に、避難の矢面にさらされるリスクが高い総理大臣になってくれた菅首相には感謝しかないと思っています。

東京都知事のように過労でいつ倒れておかしくない状況の中、奮闘している菅首相をなぜ応援できないのか?支持してあげられないのか?

オリンピックをやらなかったなら、それはそれで必ず問題が出てきますよね?

また感染力の高いコロナ変異株はオリンピック前から日本に入ってきていたので、遅かれ早かれオリンピックに関係なく感染は拡大していたと思います。

 

 

【選手村はパラレルワールド

f:id:torkey:20210730121902p:plain

コロナ変異株により、どこの国でも感染者は急増しています。

日本だけではありません!

感染力が非常に強いコロナ変異株=デルタ株が猛威を振るっているのです。

そしてIOC国際オリンピック委員会)も発言しているように、他のどの国,どの地域よりもワクチン接種率が高く,検査回数も多い選手村は、世界のどこよりもコロナウイルスに対して対策をしている場所であると思います。選手村だけ違う世界=パラレルワールドと表現するのは、個人的には素敵なワードセンスであると思いました。

https://www.asahi.com/articles/ASP7Y6HWYP7YUHBI033.html

 

 

【日本のワクチンは9月末に確保完了!】

f:id:torkey:20210730121937p:plain

現在のパンデミックコロナウイルスによって引き起こされています。

コロナウイルス根本的改善策は、人類の英知を結集した「ワクチン」に委ねられています。

世界と比べ日本のワクチン接種が遅れていることは、日本政府に問題があるかもしれません。しかし日本政府としては、「9月末までに希望するすべての国民に接種するのに十分な量が確保できる」と説明しています。9月末というのは、私が予測していたよりもだいぶ早い!と感じましたが、皆さんはどう感じたのでしょうかね?

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210716/k10013143421000.html

 

今感染拡大している30代。入院が増えている40代と50代。いずれもワクチン接種が未完了であり、かつ働き盛りで外出が多い年代の感染率が改善していけば、コロナ終息へ大きく近づいていくと考えています。

しかし50代以下の方々のワクチン接種が完了し、数値として改善されるのはどう考えても今年いっぱいかかるのではないかと思います。

新たなコロナ変異株の出現も可能性としてありますし、不安な要素を挙げたらきりがありませんが、それでも1歩1歩前進していくしかありませんね。

 

まずは感染状況の経過観察と、緊急事態宣言がいつ頃解除されそうか?

個人的には今下落している観光株,航空株の仕込み時期を探っていければと考えています。

FOMCの声明×テーパリング遠のき米ドル指数低下×金価格の行方

待ちわびていました!

7月27-28日で行われたFOMCからの声明!

今後のテーパリング(金融緩和引き締め)状況を占う重要な声明だと思います。

torkey.hatenablog.com

 

結果としてテーパリングは急を要さないようです。

つまり

もう少しの間、今の米株式相場の上昇トレンドは継続することが予測されるということです。

 

 

 

FOMCの声明:FRBパウエル議長の発言】

f:id:torkey:20210729134925p:plain

現在米金融緩和政策として行われているのは、ゼロ金利政策短期金利引き下げ)と量的緩和(毎月1200億ドルの米国債MBSの買い入れ)です。

今後テーパリング(金融緩和引き締め)を行うのであれば量的緩和の縮小→利上げ(短期金利の上昇)の順で行われていくことが予測されます。

つまりテーパリングの開始=まずは量的緩和の縮小ということです。

 

今回のFOMCの声明では、

新型コロナウイルスのデルタ変異株が成長を脅かすリスクが高まっているものの、労働市場が力強さを増し、インフレが高進する中で米経済への強力な支援を弱める時期が近づきつつあることを示唆した」とありました。

しかし、パウエル議長は「新型コロナの感染拡大が収束せず、新たな変異株が生まれる可能性がある限り、誰も安全を確証できない」と発言し、現在経済は回復しているがまだまだ油断できないことを示唆しています。

そのため今後も金融緩和政策にて米経済を後押しする姿勢を示しています。

 

 

【テーパリングはまだ先の話】

 

f:id:torkey:20210729142519p:plain

今後の金融緩和政策に対する発言

ゼロ金利政策:「ずっと先であることは明白だ」

量的緩和政策:「量的緩和縮小を早期に行う支持はほとんどなかった」

利上げ(短期金利引き上げ)についての最新の経済予測は、次回9月のFOMC会合時に公表される予定となっています。また量的緩和政策については、住宅市場は金融当局の支援は必要ないとの認識できる状況のため、住宅ローン担保証券MBS)の購入を米国債より速いペースで縮小するべきだとの主張があったようですが、今後議論が続けられると発言していました。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-28/QWYVCUT0AFBW01?srnd=cojp-v2

 

つまり、現状ではテーパリングはまだ先の話!ということです。

 

 

【米ドル指数下落】

FOMC後、米ドル指数(DXY)は下落しました。経過としては3営業日続落となりました。

金融緩和継続のため、今後も市場に貨幣の流通増加が見込まれるため、貨幣の価格は低下したのだと思います。

f:id:torkey:20210729132519p:plain

米ドル指数(DXY)

 

今まで米ドル指数は上昇傾向だったため、このまま下落基調に転じていけばコモディティには有利な地合いになっていきます。

米ドル指数(貨幣の価値)とコモディティ(物の価値)は逆相関の関係

 

私は7月に入ってから個別株は売り払い、金株ETFと白金株ETFを残して株式相場を傍観していました。また最近では米ドル指数と金価格は逆相関性が高いため、米ドル指数の低下は私にとっては好都合な状況になります。

f:id:torkey:20210729132822p:plain

金先物と米ドル指数(DXY)は逆相関性が高い

 

【金価格を変動させる要因】

金とドル指数は逆相関の関係にあります。

金が上昇する要因:貨幣の価値(米ドルの価値)が下がる状況

・インフレ時(物価上昇↔貨幣価値低下)

・金融緩和時(貨幣の流通量が多い→貨幣の価値が下がる)

・債券利回り低下時(金は長期金利と逆相関の関係)

アノマリーとしては年末から2月に金価格は上昇しやすい

金は貨幣と違い供給量が一定のため、価格が一定な安全資産と言われています。そのため金と貨幣の価値はシーソーの関係で、インフレ等で貨幣の価値が下がることで安全資産の金に買いが集まります。逆に金は保有していても利息を生まないため、金利上昇局面では金は売られやすい傾向にありあます。

※しかし過去の経過から、必ずしも金と長期金利が常に逆相関でないには注意。短期間(2~3年)に相関関係がみられることもありますので注意をお願いします。

アノマリーとして金価格は近年(2013年以降)年末になると金は売られ、2月にかけて反発する傾向にあります。

 

 

【無国籍通貨:金とビットコイン

f:id:torkey:20210729135833p:plain

金とビットコインはともに無国籍通貨であり、同じコモディティに分類されます。そのため米ドル指数の影響により、ともに上昇,下落する傾向があると思います。

しかしビットコインは「イーロンマスク氏の発言」や「アマゾンが仮想通貨に関心がある」といったニュースの度にボラティリティーが高くなってしまいます。そのためビットコインは投資対象としては良い投資先だと思いますが、金と同様に通貨としての役割を果たすにはまだまだ難しいと思います。最近の日足チャートをみても、金と米ドル指数は逆相関しているチャートに見えますが、金とビットコインは相関していないチャートに見えますね。

f:id:torkey:20210729133000p:plain

金先物ビットコインは相関性低い

今後ビットコインの価格が安定し、世界共通で使える通貨になる日が来るのか?

見守っていきたいと思います。

 

 

【金価格の行方】

f:id:torkey:20210729140137p:plain

私は金株ETF(と白金ETF)を保有しています。

FOMC後の声明から、現状ではテーパリングを急いでいないようです。

そのため金融緩和状態はまだ継続することが予測されます。

現在FOMC後からドル指数は低下し、CPI(7月13日の消費者物価指数)の数値からもインフレ指数は上昇傾向にあります。長期金利は依然下落基調で1.2%台を彷徨っている状態です。

これらの状況から金価格には追い風になる状況であると思います。

 

現状では金価格の方向性はわかりづらいです(若干下落基調です…)が今後1か月程度は保有し続け経過をみたいと思います。

 

投資は自己判断,自己責任にてお願いいたします。

好決算の嵐×夏枯れの7月×テーパリングの足音

f:id:torkey:20210726010413p:plain

米国企業はあっちをみても、こっちをみても好決算の嵐ですね。

前年はコロナショックで株価が大暴落しましたから、どの企業も前年比だと株価上昇著しいですね。また市場予測からしても、S&P500構成銘柄でこれまで発表された決算の約87%が予測を上回ったようで、今回の決算は素晴らしかったようです。

 

そのため、7月23日時点で米株式相場は4日間の続伸!
米主要株3指数はそろって最高値を更新しました。

米主要3指数:S&P500,NYダウ,NASDAQ

 

最近のボラティリティーの高い株式相場は、ひよっこ投資家にとって変化が大きく目が回る相場ですね。正直難易度高いです(疲。チャートの結果やニュースから投資家の皆さんが何を判断材料に動いているのか、動いた結果から推測し私の今後の糧にしていきたいと思います。

 

 

 

【夏枯れの7月】

f:id:torkey:20210726010659p:plain

7月は株式市場のアノマリー夏枯れ相場と言われています。

夏枯れ

7月は市場参加者が少なく、出来高(取引量)の少ない月と言われています。

そのため、一部の投資家の動きが株式相場に影響してしまうためボラティリティーが高い相場になるようです。

私は個別株投資を始めて初めての7月です。

テーパリングの時期も騒がれているため、私は7月に入ってからポジションを縮小し株式相場に対して「見」に徹しています。

 

 

【力強い経済の回復】

f:id:torkey:20210726010917p:plain

S&P500が大暴落した7月19日、このままズルズルと株価は下がっていくと私は予測していました。S&P500の先行指数によくなるラッセル指数(米小型株指数)は数日前から下落。S&P500のMACDデッドクロス。デルタ株の猛威で感染者は右肩上がりに上昇。インフレ指数も上昇中。7月末にはFOMCでパウエル議長の発言があるため、株式相場に好感を持てる要素は少ないと考えていました。

 

正直「今回の企業決算が良いだろう」という予測も市場の皆さんは以前から立てていたと思うので、好決算でも大騒ぎするほどのことではないと考えていました。しかし市場予想を超えた好決算が連発すると、市場参加者は「力強く経済は回復している!」という好判断材料にするのですね。米主要3指数を最高値まで押し上げるパワーがあるのだと見せつけられたように思います。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-23/QWPMPSDWRGG001?srnd=cojp-v2

 

しかし私はまだ「見」でいたいと思います。

どうしても楽観的にはなれないのです。

少なくとも7月29日のFOMC,パウエル議長の発言を聞くまでは株式市場を傍観していたいと思います。

 

 

【テーパリングを予測する新たなニュース】

f:id:torkey:20210726010944p:plain

テーパリング(金融緩和縮小)の方向性を決めるのはFRB(米国の中央銀行制度を構成する一機関)です。

FRBの義務は2つ:物価の安定と雇用の安定

現在雇用の面では、雇用者数の上昇は見られていますが失業率は若干増加。雇用者数も失業率もコロナ前の数値にはまだまだ遠く及びません。

物価はインフレが前年比,前月比とも増加傾向でインフレが加速している状態です。

FRBとしては、今後もインフレと雇用に関して「一段の顕著な進展」が見られるまでは金融緩和政策を継続する姿勢をみせていましたが、インフレが過剰になっている状態に対してどう対応するかが今後焦点になってくると思います。

torkey.hatenablog.com

 

 

ここで新たなニュースから情報を更新したいと思います。

【雇用面は後退】

バイデン氏は飲食業界,宿泊,観光業界では人材確保困難がしばらく続くかもしれないと答えています。また7月22日のニュースでは米新規失業保険申請件数は市場の予想外に増加し、3月下旬以来の大幅増となりました。コロナウイルス感染者の増加と比例して、失業者や職探しに消極的な人の増加が現れたかたちとなりました。

 

【インフレ面は前進】

インフレが加速している主な原因として中古車価格の増加住宅価格の高騰が挙げられます。中古車価格の上昇は半導体不足により、自動車の生産が行えないことが原因に挙げられます。しかし7月21日のニュースより、「バイデン米政権は半導体の世界的な供給不足に改善の兆しがみられていると指摘。車載グレードの半導体について、製造企業から増産の約束を取り付けている」と述べていました。今後中古車価格は低下していくことが予測されます。また住宅価格も木材価格が一時1700まで高騰としましたが、現在630と落ち着いたため、住宅建設数が増えることで住宅の供給が満たされていき、今後住宅価格も低下していくことが予測されます。

 

 

【テーパリング予測のまとめ】

f:id:torkey:20210716013118p:plain

今までFRBパウエル議長は「現在のインフレは一過性のものであると予測している」と発言していましたが、半導体や木材の供給が改善していくことでサプライチェーンボトルネックが改善していき、インフレは今後鈍化していくことが予測されます。

また雇用の面ではコロナウイルスの変異株であるデルタ株の猛威により、しばらく感染者は増加傾向になることが予測されます。そのため雇用の回復は一時鈍化することが予測されます。

 

つまりインフレは今後鈍化していき、雇用の面では回復が遅れるため、FRBは余裕をもってテーパリングの時期を後ずれしていくことが予測されます。

 

またブルームバーグより、エコノミストの半数近くがテーパリングの正式発表は12月に行われる公算が大きいとみており、実際の縮小開始は22年第1四半期(1-3月)になると予想しています。

この推測は8月のジャクソンホール会議か9月のFOMCでなんらかの形で発表されると思います。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-23/QWOXOCDWRGG001

 

とりあえずは7月29日FOMC後のパウエル議長の発言後から、今後の株式相場への介入方針を検討していきたいと思います。それまでは「見」!

そして伝説へ×オリンピックと緊急事態宣言の両立×ワクチンの効果詳細

 

f:id:torkey:20210724005134p:plain

ドラゴンクエストの音楽「序曲:ロトのテーマ」が流れています。

選手団の行進!各国の選手代表が顔を揃えています。

 

一年延期となってしまいましたが2020年東京オリンピックの開幕式が始まりました!

 

コロナウイルスによる緊急事態宣言下のオリンピック開催。相次ぐ不祥事により関係者の辞任ラッシュのため、祝賀モードからは程遠いオリンピックになると思っていました。

しかし開会式の華やかなムードと昔懐かしいドラクエの音楽で、私は今ワクワクしています。

 

 

東京オリンピック2020:そして伝説へ】

f:id:torkey:20210724005336p:plain

1964年以来となる国内での夏季大会。

過去最多の33競技・339種目に1万人を超える選手の参加となりました。

期間は2021年7月23日~8月8日。

今回宮城,茨城,静岡を除く1都5県での無観客開催が決まりました。

 

今回初めて、無観客でのオリンピック開催となります。

きっと今後語り継がれる「伝説のオリンピック」になると思います。

パンデミックにならなければ、大歓声の中、盛大に盛り上がるオリンピックとなっていたはずですが…とても残念に思います。経済効果としては、国内に観客を入れない場合、大会の経済効果は1468億円減少すると推計されています(野村総合研究所木内登英より)。とても大きな損失ですね。またギリギリまで観客をいれるかどうかで議論を行っていたため、周辺の宿泊施設はキャンセルが相次ぎ、損害が続出しているようです。なかば強引に開催された東京オリンピックですが、閉会するその時まで油断はできず、かつオリンピック後の状況(コロナ感染者の増加や医療崩壊の危険性等)に、私は不安でいっぱいです。

ですがとりあえず今は、自宅のテレビから選手たちの最高のパフォーマンスに注目していきたいと思います!

 

 

【オリンピックと緊急事態宣言の両立】

f:id:torkey:20210724005502p:plain

7月23日時点で東京オリンピック関係者のコロナ感染は110人となりました。

東京では1359人(前日1979人)となりました。

f:id:torkey:20210724005516p:plain

感染者の増加に歯止めがかかるどころか、オリンピック効果も相まってさらに感染者が増えることが予測されます。また多種多様な国から、様々なコロナ変異種が持ち込まれ混ざり合うことで強力な混合種が生み出される可能性があります。巷ではこれを「悪魔合体」というらしいです。そうなったら緊急事態宣言がいつまで続くかわかりませんね。

日本の飲食店は緊急事態宣言に従い閉店に追い込まれるか?

緊急事態宣言に抗い何とか生き残る道を選ぶか?

外食産業の株価は軒並み下がっているため、飲食店業界はまだまだ険しい道のりが続きそうですね。

 

今回の緊急事態宣言への世論調査では半数以上が「効果なし」と評価しています。

https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20210712-OYT1T50172/

オリンピックと緊急事態宣言の両立は難しいことこの上ないと思います。

 

torkey.hatenablog.com

 

 

ファイザー製のワクチン効果】

ファイザー製のワクチンは今猛威を振るっているデルタ株に対して予防効果は低い重症化を防ぐ効果があるそうです。

・デルタ株に対しする感染予防率:39%

・入院する確率を88%,重症化する確率を91%防ぐようです。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-23/QWOTA6DWX2PU01?srnd=cojp-v2

 

今後ワクチンを接種した人と接種しない人で感染確立に大差がなくても、重症化しないのであれば大いに効果があると思います。感染力が強く、インフルエンザと違い夏でも猛威を振るうコロナウイルスは、どの人も死ぬまでに一度はかかる病気になると私は考えています。ワクチンを接種することで風邪程度の症状に抑えられるのであれば、接種することが推奨されると思います。

 

オリンピック参加者は皆コロナワクチンを接種しているので重症化するリスクは少ないです。しかし感染してしまうと競技に参加できなくなってしまうので、すべての競技者が無事に最高のパフォーマンスが行えることを切に願っています。

クレイジーな判断×マスクを外す人々×経済後退リスク

クレイジーなニュースを拝見しました。

マスクの着用を義務化しないというニュースです。

「えっ!?…いま!?…なぜっ!?」

 

 

ニューヨーク市の方針】

f:id:torkey:20210720150952p:plain

7月20日ブルームバーグのニュースでは、

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、「新型コロナウイルスのデルタ変異株による感染が急増しているものの、屋内でのマスク着用を再び義務化する考えはない」と述べたとありました。

 

クレイジーです。

 

さらにデブラシオ市長は19日の記者会見で「マスクの有用性について疑いの余地はないが、問題の根本を解決するものではない。必要なのはワクチン接種だ」と述べていました。

では、ニューヨーク市のコロナワクチンの接種率をみていみると、デブラシオ市長は6月までに住民500万人にワクチン接種を完了させることを目標にしていたが、達成できなかった。ワクチン接種を完了したのは450万人にとどまっているとありました。

さらにニューヨーク市は7月17日の時点で、新型コロナ陽性率の7日間平均が1.69%と、前月比で2倍余りとなったと報告しています。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-19/QWI0Y5DWRGG601?srnd=cojp-v2

 

もう一度言います。クレイジーです。

 

確かにマスクはコロナウイルスに対する根本的な解決策ではないですが、蔓延防止策として有効であることは間違いありません。それなのになぜっ!?

 

米国人にとってそれほどまでにマスクは受け入れがたいものなのか?

調べてみました。

 

 

【外国人はマスクが嫌い】

f:id:torkey:20210720145655p:plain

コロナウイルスが蔓延し始めてから、世界の人々はマスクをし始めました。

日本国民はもともとマスクをする習慣があったため、そこまで抵抗感はありませんでした。

しかし諸外国の人々には抵抗感が強かったようですね。

というより外国人はマスクが嫌いです。

外国の人々がマスクを嫌う理由

・口元が蒸れるのが嫌だ

・強盗やギャングを連想する

・コミュニケーション時に感情が読みにくいetc

と調べると理由いろいろありました。

 

 

【日本人と米国人とのコミュニケーションの違い】

f:id:torkey:20210720150127p:plain

調べていて面白いことがわかりました。

私はマスクをしたままでも会話の際に相手の感情を読み取ることができます。

日本人ならば、コミュニケーションの際にマスクが弊害になると思っていない人は少ないのではないでしょうか?

しかし米国人は違います。

米国人は口元の表情で相手の感情を読み取るため、マスクをしていることはコミュニケーションの弊害になるそうです。

https://www.asahi.com/articles/ASN6L7WRLN67UHBI00J.html

 

コミュニケーションで顔のどのパーツを重要視するか?

・日本人は目元

・米国人は口元

感情を表に出す欧米人は口元を、感情を表に出さない日本人は意思で動かしにくい目元を見る方が、相手の真意を読み取りやすいようです。

 

日本では「目は口ほどに物を言う」ということわざがあります。

米国人にはきっと理解されないのでしょうね(笑

 

マスクは公衆衛生面的にも,コロナウイルス蔓延防止の観点からも、現状ではマスクの着用は必要だと私は考えています。しかし米国人にとってマスクは、文化的にも,心理的にも受け入れがたいものであるのは間違いないようです。

 

 

【それでもマスクは必要でしょう!】

f:id:torkey:20210720150910p:plain

マスクはコロナウイルスに対して根本的な解決策にはなりませんが、蔓延防止策としては有効だと思います。根本的な解決をもたらすコロナワクチンは、まだまだ普及するまでには時間がかかると思います。さらに現在はデルタ株という感染力の強いコロナウイルスの変異株が猛威を振るっている状態です。ワクチンが普及するまで、今はマスクで耐え忍ぶしかないと思います。

 

医療従事者の立場からしたら、このままコロナウイルスが猛威を振るえば医療現場は疲弊していき、いつ医療崩壊が起きてもおかしくない状態となります。

もし医療崩壊が起きれば、コロナ疾患以外の助かるはずの命が次々と犠牲なってしまします。そうなることは誰も望んでいないことだと私は思っています。

 

今をどう乗り越えるべきか?

コロナワクチンの普及が遅れている日本でさえ、「今年9月末には希望する国民全員にワクチンが行き届く準備ができている」と政府が発表しているほどです。

あともう少し!あともう少しの辛抱ではないでしょうか!

 

 

【経済活動の鈍化が加速→むしろ後退するリスク】

f:id:torkey:20210720150328p:plain

現在米国主要三指数日本株主要指数下落基調となっています。

今まで米国主要指数は順調に最高値を更新し続けていた反動でしょうか?

相場から楽観的な雰囲気は消え去り、不安な雰囲気が漂ってきました。

VIX指数(恐怖指数)は急上昇し、7月19日に20を突破しました。

 

今までは金融緩和措置やワクチン接種の進展が経済回復の追い風となっていました。しかし、物価上昇圧力とコロナ感染急拡大が重なり、世界的に経済が鈍化している状態です。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-19/QWHRQ9DWRGG801?srnd=cojp-v2

今後さらにコロナ感染が拡大していけば、経済の回復はおろか、むしろ後退してしまうリスクさえあります。今後ニューヨーク市のようなマスクOffの風潮になっていくのか?一段と引き締めとなるのか?なにもしないのか?今後どうしていくのか?どうなっていくかは経過をおってみていきたいと思います。

 

 

【私の方針】

f:id:torkey:20210716013118p:plain

今の米国株も日本株も危なくて手が出せません。

私の持っていた原油株は、支持線の1バレル=71ドルを切ったところで売りました。今は1バレル=66ドルまで下がり下落基調のようです。

 

現在株式相場は下落基調であり、ナイフが落ちている真っ最中です。

今はナイフが地面に落ち切ったところを見定め、拾える準備をしたいと思います。

不安な東京オリンピック×悪魔合体×ワクチンによる急死

f:id:torkey:20210719141942p:plain

 東京オリンピックが7月23日から始まります。

普段ならば心待ちにしている人でいっぱいになり、町はオリンピックムードの装飾がなされ、来日した選手団のインタビュー等で、日本全体,世界全体がワクワクしている状況になっているはずでしたが…

正直私は不安でいっぱいです。私は医療従事者なので、医療従事者側からすると今回のオリンピック開催に気持ちよく賛成できない立場であり、私個人もオリンピック開催を快く思っていません。

そもそも、まともにオリンピックが開催できるのでしょうか?

来日したオリンピック選手団やスタッフからコロナウイルス感染者が続出し、世界のトップで争うべき選手やチームが万全の態勢で臨めないオリンピックになんの意味があるのでしょうか?

プロスポーツ選手はプロとして活躍できる期間が短いことは知っています。みな切磋琢磨し、東京オリンピックに焦点を当てて調整してきているのは分かりますが、今回の東京オリンピックで金メダルをとることに意味があるのか甚だ疑問しかありません。

 

現在の日本のコロナ状況について、私の不安今後の期待について記載していきたいと思います。

 

 

 

【東京の新規感染者】

f:id:torkey:20210719142052p:plain

7月12日より4度目の緊急事態選が発表されましたが、7月19日現在も新規感染者は増える一方です。オリンピックの主な開催地である東京では、5日連続で新規感染者が1000人を超えています。

今年5月に感染拡大した時よりも、さらに大きな感染拡大の波が押し寄せています。

チャートでいったらまさに上昇トレンド!

まったくうれしくないですが(苦笑。

東京オリンピックは7月23日~8月8日まで

・緊急事態宣言は7月12~8月22日まで

緊急事態宣言期間内での東京オリンピックなので、経済効果的には制限下での開催になります。選手やチームが万全の状態でなく、かつ緊急事態宣言による制限下で行う東京オリンピックに私は全く魅力を感じません。正直日本はとんだ貧乏くじを引いてしまったのだと残念な気持ちでいっぱいです。

 

 

悪魔合体

f:id:torkey:20210719142141p:plain

ベトナムのグエン・タン・ロン保健相は今年5月29日、国内で新型コロナウイルスの新たな変異株の感染例を確認したと明らかにしました。より感染しやすいインド株と英国株の混合型だとのことです。ちまたではこれを「悪魔合体」というらしいです。

 

東京オリンピックはいわばコロナウイルスのサラダボールになろうとしています。さまざまなコロナウイルスが集まり、日本から「悪魔合体」した新たなコロナウイルスが生み出される日もそう遠くないかもしれません。

 

 

【日本のコロナワクチンの現状】

f:id:torkey:20210719142306p:plain

7月15日の朝のニュースでは、コロナワクチンの接種状況は、

日本の全人口におけるワクチンを接種した人の割合

・一回目接種:31.0%

・二回目接種:19.1%

東京のワクチン接種率は、

f:id:torkey:20210719142353p:plain

まだまだ低い数値ですが、ワクチン接種率は徐々に増え、コロナウイルスに対する耐性を徐々に獲得している状態です。7月16日のNHKのニュースで河野大臣は、「今年9月末までに、希望するすべての国民に接種するのに十分なワクチンを確保できる」と説明しています。

できれば日本国民のワクチン接種完了をオリンピック前にしてほしかった!

と嘆いてもしょうがないですが、世界的にもまだまだワクチンが普及していないため、オリンピックがあるからといって日本だけ優遇してもらうことは難しいでしょうね。

 

 

【コロナワクチンにとって悪いニュース】

f:id:torkey:20210719142640p:plain

7月17日に発表されたニュースに、コロナワクチン接種後に急死した日本人が550人を越えたとありました。556人の内訳は、ファイザー製554人、モデルナ製2人(モデルナ製は5月24日に接種が始まったため、報告数が少ないと思われます)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8cc4007def43c643695294e5d79bfc9015c3c3f

厚労省は国内で令和3年2月17日から7月2日まで、ワクチン接種後に死亡が報告された事例が556人に達したことを明かしました。6月18日までの報告数355人と比べて、2週間で200人以上増えたことになるようです。

 

コロナワクチンを接種する人数が増えてきたことにより、コロナワクチンのリスクが明るみになりました。現状では高齢者優先で接種が行われているため、高齢者の死亡者数が多い状況です。そして死因の半分は原因不明…なぜ詳しく調べないのでしょうか?私が考えるに死因を調べることでコロナワクチン接種に対して否定的な人が増えるからではないでしょうか?2週間で急死者が200人を超えているのは明らかに異常なことと捉えると、今後コロナワクチンの接種率はどこかで鈍化していくことが予測されます。

 

コロナワクチンの有効性は証明されているため、リスクとどう付き合っていくか?

国としては経済活動再開に向けてワクチン接種を推進したいと考えています。ですが人権が優先される今の世の中では、ワクチン接種の有無は個人の自由となっています。そのためコロナワクチン接種率の鈍化は、今後の経済活動鈍化の可能性を示唆していると思います。

 

 

【シナリオの準備】

f:id:torkey:20210706110033p:plain

今回は東京オリンピック,コロナワクチン,経済の今後についてマイナスな内容を記載しました。記事を書いていて私自身の気持ちは鬱になりましたが、投資を行う者としては経済に対してマイナスのシナリオを想定していくことも重要だと考えています。できれば上を向いていたいです。強い経済に改善し、株価が上昇していけばうれしい限りですが、そうでない時を想定しておくことで心に余裕ができると思います。

 

投資は感情が入りやすく、感情的になると悪い方向に流れてしまうみたいです。

投資に感情が入らないよう、良い時のシナリオ悪い時のシナリオを用意して、今後どうなっても対応できるよう備えていきたいと思います。

 

 

【今後に期待:日本製のコロナワクチン】

f:id:torkey:20210719142913p:plain

コロナウイルスにとって多大な効果を発揮するコロナワクチン!

コロナワクチン後の急死者増加のニュースは、コロナワクチンへの不信感を募らせてしまうものだと思います。また個人差はありますが、コロナワクチンは私が今まで受けたどのワクチンよりも副作用が強いです。私はすでにファイザー製のワクチンを2度接種しましたが、あんなにつらい副作用はもう御免です。できればもう接種したくないと思うほどです。

 

そこで期待しているのは塩野義製薬の日本製ワクチンです。来年1月には日本初のコロナワクチンが完成する予定です。今出回っているワクチンとは違い、塩野義製薬のワクチンはインフルエンザワクチンと同じ製法で作られています。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2106/26/news044.html

 

インフルエンザワクチンならば私は毎年接種していますが、副作用は出たことがありません。(インフルエンザワクチンによる死者数:2009年10月~2020年4月で死者数19人)

Withコロナの時代が今後も続くと、インフルエンザのように毎年ワクチンを接種をしなければならなくなると思います。そんな時インフルエンザ製法の塩野義製薬のワクチンが登場すれば、コロナワクチンによる死者数は減少,副作用は改善していきワクチンへの不信感は改善していくのではないかと考えています。

私は日本製のワクチンをとてもとても期待しています!!!

国内初の新型コロナワクチン×体験談×塩野義製薬の株価 - PTパパの株日記

 

※ワクチン接種後の副作用は個人差があります。